面接

ファミレスバイトの面接で多い質問や返答の仕方は?

アルバイトで比較的良く募集を見かけるのは飲食業ですが、中でもファミレスは人気の職種でもあり特に身近な存在からか、若い世代に人気の高いバイト先でもあります。

そんなファミレスのバイト面接でもしっかりとした態度で面接に臨まなくてはいけません。バイトなので社員の面接のようなレベルまで求められないですが、面接において最低限のマナーや知識は覚えておくといいでしょう。

ここではファミレスのバイトで質問されるであろう、よく聞かれるような質問について取り上げてみました。もしファミレスバイトで面接の内容などが分からない、不安という方は是非参考にしてみてください。

ファミレスのバイト面接でよくある質問って?

志望動機

志望動機を聞かれることは多くの場合であります。返答の仕方ですが、なぜそのバイトを希望するのかを採用を担当するスタッフの立場から考えることが大切です。

具体的には、今までのバイトの経験を活かすことが出来ること、面接を受けているお店の長所、魅力的な部分などをピックアップし答えるのが無難でしょう。

この人を採用することにメリットが感じられるような、急なシフト変更や繁忙期への対応の可否や職場からの距離が近い等、信用性を高められる情報をどんどんアピールしていくと良いです。

また、バイトが決まってからの話になりますが、一緒に働くスタッフからの立場も踏まえると元気で活気があり、礼節をわきまえて居ると客観的に感じられるような口調や身振りを意識することがベストです。

シフト

シフトは忙しい時期や時間帯に入ってくれるか、また他の従業員との兼ね合いなどもあるので、良く聞かれる質問となっています。答え方として現段階で入れる勤務と、無理な勤務は真っ先に面接ではっきりと伝えることがベストです。

間違っても嘘をついてはいけません。採用されてから「実はシフト入れるのが無理なんです…」とこのようなことになるとファミレスのお店側からすれば「採用した意味がない」と思われても仕方ありません。

採用に当たって面接担当のスタッフから要望があれば、夜勤などのシフト対応もできるかどうか答えていくのが良いです。初めからすべての手打ちを出してしまうと後々妥協できなくなります。

そのため、小出しにして少しずつ譲歩しているような感じで話を展開していくことが人間性のアピールとしてもポイントが高いですし、面接担当のスタッフへ良い印象を与えることができます。

土日祝日の勤務

土日祝日、特に大型連休と呼ばれるゴールデンウィークなどの出勤については、まず自分の希望を明らかにすることです。そのうえで入れるのかどうか、またどこまで譲歩できるのかを決めましょう。

シフトの答え方と同様のスタンスで、まずははっきり自分の希望を伝えるとともに、面接担当のスタッフからの要望に応じて自分の譲歩できるラインで交渉することが大切です。

ただ、ファミレスのような飲食業は土日祝日は勤務して欲しいと思っている職場が多く、土日祝日全て休みを取るというのは自然と採用のハードルが上がってしまうので、採用される確率は厳しいかもしれません。

ホール、キッチンの希望

ファミレスの仕事としてはホール、キッチンとあるのですがバイトをしたい店舗にもよりますが、どちらかを希望していただくような形での募集をしている店舗もあります。

ホールなら主に接客を担当し、キッチンなら主に調理をする形となりますが、ファミレスによっては両方をお願いしているお店もありますが、ココでもはっきりと希望の職種を伝えるといいでしょう。

どちらでもいい、よりかはキッチンを希望します、ホールを希望します、とはっきり伝える方がいいでしょう。

バイトの経験

過去のバイト経験の全てをアピールする必要はありませんが、関連性のあるバイト経験やそこで体験したことや活躍したことはどんどん述べていくことがベストです。

特に資格を保有している場合、例えばフォークリフトの運転経験が何年ある、接客業でレイアウトを提案、コーディネートし売上アップに貢献したなど具体的に述べることによって信頼性を高めることができます。

この手の質問には、過去のバイト経験は志望動機にからめて説明すると述べやすいです。またバイト経験がない場合は、ストレートに「バイト経験はございません」と答えるだけでOKです。

ファミレスの面接時に不明な点は質問する

バイトをする前に分からない点があれば、面接時に質問してみるといいでしょう。しかし面接で質問をする前に少しポイントがあります。

面接するスタッフとは初対面であることが大半だと思います。よって自分自身が触れられたくない、面接官が触れてほしくない質問は控えるべきです。

例えば、個人的な事情や他者の個人情報に関する質問は控えた方が良いかと思います。これは実際に不採用になった場合、自分の個人情報が洩れているリスクを抱えることになります。

また、採用後も誰がどこまで個人情報を把握しているのか、疑心暗鬼になってしまいます。逆に質問する場合はバイトの採用に関すること、労働環境に関連する質問は聞いても問題ないので、仕事に関する質問はどんどん聞いておくべきです。

このことによって実際に自分の描いているバイトの業務環境と現実のすり合わせができることと、面接するスタッフへ意欲がある人というイメージを与えることができます。

それでは、聞いておきたい質問について定番となる質問を3つ挙げてみました。

昇給

おそらくバイトの求人情報で事前に明記されていることが多いと思います。短期でのバイトであれば昇給はさほど気にならないですが、長期でのバイト予定となると意識しておくといいでしょう。

具体的に経験何年でいくら昇給があるのかどうか、就業規則に明記されていると思いますが、気になるのであれば面接時に聞いておくのもいいでしょう。

直球で確認しずらい場合は、就業規則をみせていただくような質問をして、間接的に確認すると良いと思います。

休み

休みについては、雇用契約書に明記されていることが大半だと思います。追加的に確認を要する質問については、質問してもよいと思います。例えばテスト休みが欲しいという方もいるでしょう。

求人情報に記載があれば問題ないでしょうけど、記載がないケースが多いので、テスト休みのようなまとまった休みが取れるかどうかは、面接時に聞いてみるのがいいでしょう。

質問する場合にも、なぜそれを知る必要があるのか根拠を述べ、面接するスタッフを納得させてから行うとスムーズにいきます。

福利厚生

福利厚生についてはバイトの求人に明記があると思いますが、不明点は採用後に食い違いがあるとモチベーションの低下につながります。面接ではっきりと確認しておくべき項目です。

具体的には社会保険や雇用保険は一般的なものですから入職後の確認で問題はありませんが、そのバイト先が独自で行っている福利厚生(賄い、社員割引など)については分からない部分があると思います。

このような不明な部分については、突き詰めて確認しておくべきです。

聞きたいことが無い場合

質問が自己解決し、本当にない場合は素直に「ありません」と回答するのも問題はないと思います。しかし、自分自身を売り込むチャンスですので、事前にいくつか質問を用意しておくとベターだと思います。

簡単に質問でき面接するスタッフへアピールにもなる質問としては、仕事の初回出勤日の聴取があります。また、採用可否まで時間がある場合には何かプラスアルファで仕事までにやっておいた方が良いことなども質問すると良いです。

面接後、聞き忘れたことの質問

聞き忘れたことは質問しても大丈夫です。質問内容の緊急性にもよりますが連絡する手段として、はじめはメールで相談しましょう。それでも連絡がつかない場合には電話をしましょう。

メールは面接したスタッフの仕事の都合で合間合間にチェックできますが、電話はリアルタイムで面接したスタッフの時間を奪うことになります。

面接を受ける側として、相手の状態や都合も踏まえながら行動することは社会人のマナーです。後々引け目を感じないためにも先方を思いやりましょう。

ファミレスでバイト面接を受ける前に用意する物

履歴書

バイトの面接を受けるにあたって最も重要な持ち物が履歴書です。間違っても当日に焦って書くなんてことはないように、時間に余裕があるときにゆっくり丁寧に書きましょう。

最近ではパソコンで打ったものを印刷して持っていくこともできますが、手書きのほうが印象はいいかと思います。無理してきれいな字を書こうとする必要はありません。

自分なりに丁寧に書くことを心がけてください。また書いている最中に誤字などミスをしてしまった場合は、作り直した方がいいでしょう。二重線を引いて消すのは良くありません。

筆記用具

面接をした後、今後の打ち合わせをすることが良くあります。その時書類を書かなければならなかったり、メモをとらなければいけなかったりする場合があります。

そのため、筆記用具は必ず持っていきましょう。黒のボールペンを持っていけば間違いありません。また他にも、できれば印鑑を持っていくのが望ましいでしょう。

書類によってはサインや印鑑を求められることもあります。

メモ帳

メモ帳は面接を受ける際の必須アイテムです。先程も述べたように、面接後には今後の打ち合わせが入ることが多いですから、メモを取る必要があります。

出勤の時間、手続きの起源、次はいつくればいいのかなど、面接先から言われた様々なことをできるだけメモに取りましょう。面接をしてくれる相手側も、メモを取って話を聞いているあなたをみれば、良い印象を抱くに違いありません。

スマホ

スマホも面接に行く際に必須アイテムです。時間やスケジュールの確認だけでなく、その場で店長や従業員の人との連絡先の交換を求められる場合もあります。

最近では多くの人が持ち歩くものとなっていますから、当日も忘れないようにしましょう。また、面接を受けている間は必ず電源を切るようにしてください。

面接の途中で電話やアラームが鳴ると、印象が悪くなってしまう可能性があります。

現金

最近では、スマートフォンやSuicaなどの電子マネーで支払いができることが増えましたが、現金は持っておくといいでしょう。なにが原因でいつ電子マネーが使えるかわからないからです。

例えば急にスマホの調子が悪くなり電源が入らなくなったなど、結構ありますので現金は必要でしょう。スマートフォンの充電が切れて電車に乗る際にお金が払えず遅刻した、などという言い訳は絶対に通じません。

備えあれば患いなしです。

マスク

マスクもここ最近では面接の持ち物として必須アイテムとなりました。新型コロナウィルスの感染拡大に伴って、マスクの着用は今や最低限のマナーといえます。

面接をする際には少し息苦しさを感じたり、自分の表情を相手に読み取ってもらいづらかったりするので、そういったところは注意点がありますが、マスクは着用するのが義務のようになっているこのご時世、マスクなしではマナー違反と思われても仕方ありません。

自分の伝えたいことをしっかりと受け取ってもらえるように、いつも以上にはきはきしゃべることを意識しましょう。

雨具

例え天気予報では晴れであっても、急な悪天候に見舞われることもありますから、雨具は必要です。折り畳み傘やレインコートを準備しておくといいでしょう。

面接に向かう際に、急に雨が降ってきてビショビショになった状態で会場についてしまっては、面接をしてくれる相手にとってあなたの印象は最悪になってしまいます。

様々な可能性を想定して行動しましょう。

ファミレスのバイト面接は身だしなみもポイントに

第一印象がとても大切なので、これから一緒に働きたいと思ってもらうためにまず、身だしなみに気を付けましょう。髪の毛はきちんと整え、伸びている方は美容院に行きましょう。

服装もカジュアルすぎるものは避け、出来れば襟のついたシャツを着ていくなどしてください。靴もサンダルなどは避け、きれいなものを選んでください。

次に、話し方も重要になります。もごもごとしゃべるのではなく、背筋を伸ばしはきはきしゃべることによって良い印象を与えることが出来ます。

目をしっかりと見て、話はよく聞いてください。笑顔もポイントで、能面のような顔ではかえって印象が悪くなってしまうので気を付けてください。

面接の開始時間には遅れないようにしましょう。面接の場所には早めにつくようにし、10分程前になったら余裕をもって尋ねるようにしてください。

ファミレスのバイトが向いている方って?

ファミレスのバイトは体力がある人が向いています。飲食店だと、料理や食器、調理器具など重たいものをたくさん扱います。水を使うので必然的に重くなるので、体力に自信がないときついかもしれません。

また、一度にやることが多く時間で動かないといけないので、とても忙しいく、走り回っていないといけないことも。そのうえ立ち仕事なので、かなり疲労します。

頭を使いたい人よりも、体を動かす職業に向いている人の方が適職です。厨房で勤務する人はあまり関係ないかもしれませんが、接客に回る人はコミュニケーションスキルが重要です。

なので、人と関わることが好きな人や、にぎやかな所が得意な人に向いています。注文を取るときや、調理場に伝える時は大きな声で伝えないといけない場合もあるので、声が小さい人には向かないでしょう。